キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

クレジットカード現金化の注意点

お金がなくて困る状況とは、会社で真面目に働いている時ではなく、仕事を辞めて無職になり、収入がなくなった時です。
しかしながら消費者金融では無職だと審査に通らず、お金を借りる事が出来ません。
その点クレジットカード現金化は無職でもお金を借りる事が出来るので、いざという時に心強い存在です。
しかし利用する際には注意も必要です。

クレジットカード現金化のNG行動

クレジットカード現金化は違法行為ではありませんが、クレジットカード会社の利用規約を違反する行為です。
バレてしまうとカードが利用出来なくなってしまいます。
そのためクレジットカード会社に怪しまれるような行動をしないべきだと言えます。

ではどのような行動がNG行動なのか紹介します。
まずキャッシング枠を上限まで利用すると、この人はお金に困っていると目をつけられてしまいます。
同様の理由でショッピング枠を上限まで利用するのもいけません。
残高をある程度残しておく事で、余裕があると見せかける事がポイントとなります。
ただし、低額利用の場合はクレジットカード現金化よりも、キャッシング枠を利用した方がお得です。

またクレジットカード返済時に、遅延は絶対してはいけません。
ついうっかり忘れてしまうというケースもあるかもしれませんが、遅延をする人=要注意人物と思われてしまうからです。

クレジットカード現金化の多用に注意

クレジットカード現金化はお手軽に利用する事が出来ます。
そのためついついお金がピンチな時に、軽い気持ちで利用してしまう人もいるかもしれません。
しかもカードを数枚所有していて、複数のカードでクレジットカード現金化を行っていても、審査等がないため利用する事が可能です。

ですが最終的に全て利子をつけて返済しないといけないという事はよく理解しておきましょう。
実はクレジットカード現金化の利用者が増えて、カード破産に陥る人も増加しています。
キチンと無理なく返せる金額だけ利用するようにして下さい。

関連する記事