キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

クレジットカード現金化の上限と最低金額

クレジットカード現金化では、申込みの際に最低金額を設けています。
私達は利用の際に、上限ばかり気にしているかもしれません。
ですが最低金額をチェックする事も忘れないで下さい。
そしてクレジットカード現金化を利用する際は、必要最低限の金額だけ申込みするようにして下さい。

クレジットカード現金化の上限について

まず先にクレジットカード現金化の上限について紹介します。
消費者金融では上限は消費者金融が決めていますが、クレジットカード現金化では上限は業者が決めるのではありません。

クレジットカードを作る際に、ショッピング枠には上限が決められています。
そのクレジットカードの上限がそのままクレジットカード現金化の上限となっています。
そのため仮にクレジットカードのショッピング枠の上限が10万円であれば、換金率80%で得られる現金は8万円です。

これでは必要な金額が足りないという場合に、クレジットカードを複数枚所有していれば、それぞれのクレジットカードの上限まで現金化を行う事が可能です。
そしてクレジットカード現金化では、クレジットカードの枚数に対しては制限はありません。

クレジットカード現金化の最低金額

クレジットカード現金化の最低金額は業者自身が決めた金額です。
そして多くの業者は最低金額は1万円になっています。

業者としては、なるべく多くの金額で申込みをして欲しいのです。
なぜかというと、その方が業者の利益が大きいためです。
そのため10万円なら換金率が80%だけど、50万円なら85%、100万円なら90%。
という具合に、金額が大きくなるに従い、換金率は高く設定されています。

ですが最低金額が低く、利益が出にくい相手に対しても丁寧に対応してくれる業者の方が信頼出来ると言えるでしょう。
なので最低金額が10万円の業者と1万円の業者があれば、1万円の業者を選ぶべきです。

関連する記事